ずっと固定金利の安心【フラット35】

 

 

 

【フラット35】維持保全型が新しく始まりました

( 2022年4月以降適合証交付分から )

 

 

 

 

 

 

 ※【フラット35】は第三者に賃貸する目的物件など投資用物件の取得資金にはご利用いただけません。
機構では、申込ご本人またはご親族の方が実際にお住まいになっていることを定期的に確認しています。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ